グループ概要

日本ケンモウ造機株式会社

MUKETSUをとおして世界をつなげる

MUKETSUをとおして考える我が社の使命

「創業時より託されつながってきた商人魂とパートナーとのつながりを第一に、山本グループの生業である製網業の発展に貢献していきます」

 昨今地球温暖化問題が深刻化することに伴い、CO2排出を抑えることが世界各国、産業界において最重要課題となっています。このような地球温暖化問題の解決に無結節網は様々な面で大きく貢献していくことができます。
 また、漁業に従事している人にとっても大きなメリットがあります。網の結び目は漁獲した魚の体に傷をつけ、鮮度を落とすことがあり、高級魚になれば当然ながら価格に大きく影響してきます。 現在、生魚を食べる習慣がなかった諸外国の食文化と価値観が変化してきており、そのような変化に伴い、今後MUKETSUの需要が世界中で高まっていくことが予想できます。
 以上のような背景を受け、自信をもって高品質なMUKETSUを提供していくこと、それが我が社の考える使命です

無結節網 MUKETSUとは

会社概要

企業名 日本ケンモウ造機株式会社
代表取締役 山本 重雄
設立 昭和8年4月
資本金 1,500万円
事業内容 漁網、陸上、防球ネットの委託製造販売
所在地
本社 三重県桑名市大字江場1578番地
  電話番号:0594-22-1000
  FAX 番号:0594-23-7205
営業所 三重県三重郡川越町北福崎114
大きな地図を見る
  電話番号:059-325-6600
  FAX 番号:059-337-8082
ホームページ http://www13.ocn.ne.jp/~kenmo/
(英語版)

歴史

昭和8年4月 大日本製網(株)設立、綿漁網の製造販売開始
昭和9年1月 大日本絹網(株)に社名変更、絹漁網の製造販売を主体とする
昭和20年9月 日本絹網(株)に社名変更
昭和44年4月 主力設備を蛙又編網機から無結節編網機に切替え
昭和53年3月 日本ケンモウ(株)に社名変更
昭和55年10月 新工場建設、事業の拡充を計る
平成10年6月 日本ケンモウ造機(株)に社名変更
平成14年11月 国内OEMにより委託生産
平成15年1月 ベトナムに協力工場を稼働
平成16年3月 山本重雄 代表取締役就任
平成22年12月 営業部を中央造機(株)の工場事務所内に移動